Top > 日本国憲法の歴史

日本国憲法の歴史
HTML ConvertTime 0.009 sec.

日本国憲法 1947年(昭和22年)5月3日に施行


ドイツの憲法の翻訳の様な形で大日本帝国憲法が出来る。


第2次世界大戦で敗戦(1945年09月02日 降伏文書の調印)


近衞文麿の申し込みによりGHQのマッカーサーと1945年10月04日に会談、「行政機構」を改革するべきと示唆されるが、近衛たちは憲法改正を示唆されたと思い込む。


幣原 喜重郎(しではら きじゅうろう)内閣総理大臣は自身が年末に肺炎にかかった時GHQのマッカーサーからもらったペニシリンという新薬で全快。そのお礼をしにマッカーサーと1946年1月24日に会談。会談で天皇制の護持と戦争放棄のかねてからの考えをを提案する。
参考: 幣原喜重郎元総理へのインタビュー平野三郎氏記


松本烝治国務大臣(憲法問題調査委員会委員長)が次の様な憲法改正要綱を作成。これを2月8日GHQに提出


2月13日外務大臣公邸で憲法改正要綱の回答を受けるためホイットニー民政局長、ケーディス陸軍大佐、ラウエル陸軍中佐、ハッシー海軍中佐と松本国務大臣、吉田茂外務大臣、白洲次郎終戦連絡事務局参与、長谷川元吉外務省通訳官が会談
ホイットニーの回答と要綱ではなく次の様な憲法全域のの草案constitution of japanを提示配布。



コメントは思いやりによって誹謗中傷のないように注意してください。

コメントはありません。 Comments/日本国憲法の歴史?

お名前:

URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

テスト的に表示しています。