Top > 松本案へのホイットニーの回答

松本案へのホイットニーの回答
HTML ConvertTime 0.010 sec.
"The draft of constitutional revision which you submitted to us the other day, is wholly unacceptable to the Supreme Commander as a document of freedom and democracy. The Supreme Commander, however, being fully conscious of the desperate need of the people of Japan for a liberal and enlightened Constitution that will defend them from the injustices and the arbitrary controls of the past, has approved this document and directed that I present it to you as one embodying the principles which in his opinion the situation in Japan demands. In order that you gentlemen may understand fully the contents of the document to which I will hereafter further allude, my officers and I will now withdraw to permit you freely to examine and discuss the same".
抜粋:Record of Events on 13 February 1946 when ProposedNew Constitution for Japan was Submitted to the Prime Minister, Mr. Yoshida, in Behalf of the Supreme Commander国立国会図書館

高校レベルの翻訳
別な日にあなたの提出した憲法改正の草案は最高司令官にとって自由と民主主義の文書とは全く認められない。
最高司令官、しかしながら、日本の人々の過去の不公正と一方的なコントロールから守るだろう自由で明るい憲法に絶望的な必要の十分な意識は認識する
この文書は認められ、私が提出する日本の需要の中の彼の意見の中の原則の具体例として作成した。


そのためにあなた達紳士は書類のすべての内容を理解するだろう。その書類のために私は今以降さらに暗示するだろう、私の部下そして私はあなた達の自由の許可する調査し私たちと同じように議論するために今から立ち退く(ホイットニー達は数十分ほど公邸の庭へ出る)
もし"allude"が"elude"なら
次にはあなた達紳士は書類のすべての内容を理解するだろうが、そのために私は今以降少し長めに席をはずすだろう、そして私の部下そして私はあなた達の自由の許可する調査し私たちと同じように議論するために今から立ち退くだろう(ホイットニー達は数十分ほど公邸の庭へ出る)


以下google翻訳さんの場合
「あなたは、他の日、私たちに提出憲法改正案は、自由と民主主義の文書として最高司令官に完全に受け入れられない。最高司令官、しかし、日本の人々の絶望的な必要性を十分に意識すること不正と過去の任意のコントロールからそれらを守るリベラルと悟りを開いた憲法は、この文書を承認したと私は原理を具現化するものとしてあなたにそれを提示するよう指示している彼の意見日本の需要の状況インチために、あなたのこと紳士は、私は今後さらに、私の役員をほのめかすする先の完全ドキュメントの内容を理解することができ、私は今調べて、「同じことを議論するために自由にあなたを可能にするために撤退します。