Top > 特高警察

特高警察
HTML ConvertTime 0.005 sec.
国事警察として発足した高等警察から分離し、国体護持のために無政府主義者、共産主義者、社会主義者、および国家の存在を否認する者を査察・内偵し、取り締まることを目的とした大日本帝国の政治警察である。
内務省警保局保安課を総元締めとして、警視庁をはじめとする一道三府七県に設置されたが、その後、1928年に全国一律に未設置県にも設置された。略称は特高警察、特高と言い、構成員を指しても言う。
引用:ウィキペディア抜粋

憲法第二十一条によって特高警察は否定される。といえる。